吹き抜けはアクリル板を上手に使ってリフォームを!

トレンドバイク査定 > 注目 > 吹き抜けはアクリル板を上手に使ってリフォームを!

吹き抜けはアクリル板を上手に使ってリフォームを!

2016年12月23日(金曜日) テーマ:注目

吹き抜けは高い部分に暖気が溜まってしまうのが、唯一のデメリットです。

その為、夏は吹き抜けに近い2階の部屋が暑くなり、冬場は吹き抜けがある部屋が寒くなってしまいます。

プロペラファンを付ける事で、空気を循環させて暖気を必要な部分に移動させる事が出来ます。

もう1つ、吹き抜けの暖気問題を改善させる為に、アクリル板を活用して簡易的な天井を設けて、採光も確保しながら暖気問題を改善させる方法が取り入れられております。

あくまで天井という考えでの採用ですので、人が直接部屋として使う空間としては考えません。

固定型、取り外し型の2パターンのアクリル応用を、ご紹介します。

アクリル板を使ってリフォームを行うポイント

・天井野縁を組んでアクリル板を張る

天井野縁の様に井桁に組んだ下地に、アクリル板を張り付けます。

格子状の下地が透けて見えるような感じなので、オシャレ感も出ます。

固定してしまうので、取り外す事は考えません。

・折り戸式のアクリル

木下地にアクリル板で折り戸調に作成し、吹き抜けにある梁に乗せて1階と2階の間で遮断します。

遮断したい時期は活用し、不要だと思う時期には取り外しが可能です。

アクリルを使うので、吹き抜け部分からの採光を確保できるので、暗くなる心配がありません。

難点と言えば、アクリルの上にホコリが溜まると目立ってしまう事です。

掃除機等で、こまめに取り除くようにしましょう。

※出典: http://www.akitadog.net/chiba-how-to-choose/

吹き抜け部分は上手にリフォームを行おう

吹き抜けのある生活をしてみると、様々な難点があっても満足度が高いと思う方が大半です。

吹き抜けからの解放感、光、空気の流れが多いので、爽やかさまでも感じます。

アクリル板で遮断をしても、出来るだけ取り外しができる可動式を採用し、吹き抜け独自の解放感を得られるようにしましょう。



関連記事

いびきに悩んだ生活とさよなら

いびきに悩んだ生活とさよなら

2017年2月19日(日曜日)

NHK紅白からSMAP色がなくなるということ

NHK紅白からSMAP色がなくなるということ

2016年12月26日(月曜日)

吹き抜けはアクリル板を上手に使ってリフォームを!

吹き抜けはアクリル板を上手に使ってリフォームを!

2016年12月23日(金曜日)

今履いているズボンがちょっときつい

今履いているズボンがちょっときつい

2016年10月28日(金曜日)

たまひよサロンが気になる

たまひよサロンが気になる

2016年9月 3日(土曜日)